麟祥院~春日局のお墓~

こんにちは、masaです。

文京区の観光と言っておきながら、初回はスカイツリーのお話でしたので、
近所のスポットも紹介したいと思います。

今回は麟祥院(りんしょういん)です。
麟祥院、正面

ホテル機山館のある本郷三丁目から春日通りを湯島・上野方面に10分ほど
歩いたところ、学問の神様で有名な湯島天神のすぐ手前にあります。

この麟祥院は、かの有名な大奥、春日局の法号がその名になっており、
中には春日局のお墓があります。この麟祥院の入口が面している春日通りも、
徳川家から賜った春日局のお屋敷があったことがその名の由来となっています。
当時の勢力の大きさが伺えますね。

さて、この麟祥院ですが、中は都心とは思えないほどうっそうとした緑が茂っており、
夏場の明るい日でも非常に落ち着ける空間でした。まさに都会のオアシスと言うに
ピッタリなところです。
都会のオアシス!

奥の方に進むと、一段高いところにあるなにやら丸っこい頭をしたお墓が見えてきます。
これが春日局のお墓です。
春日局のお墓

まん中に穴が空いているのがわかりますか?とても珍しいデザインのお墓ですね~。
これは、春日局が、「死後も江戸の政治を見守れる墓」を作って欲しいという遺言
に従って作られたものだそうです。
「お局さま」という言葉の語源とも言われる春日局ですが、大きな権力を手にした理由には、
やはり江戸の政治を真剣に考えていたその姿勢があったからなのでしょう。

本郷にはメインとなる東京ドームや湯島天神などの他にも、興味深い史跡がたくさん
あります。私が訪れた日も、歴史探索ツアーの方がいらっしゃってました。
近年の歴史ブームで、歴史に興味を持たれた方も、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

場所:ホテル機山館より徒歩約10分
東京都文京区湯島4-1-8


より大きな地図で 麟祥院 を表示