神田古本まつり

神田古本まつり&神田カレーグランプリ

11月の3連休、神田神保町界隈はお祭りで大賑わいでした。

こちらは『神田古本まつり』。55回目ということで、大変歴史のある古本市です。

各店舗の前に特設の青空市を出し、靖国通りは立ち読みをする方や、お気に入りの古書店を探し求めて散策する方であふれかえっていました。やはり、年配の方が多いようです。

神田古本まつり、商品

”古本市”というと、イメージとしては”在庫処分セール”のようなものだと思いながら、
お店を見て回っていたのですが、どうやら間違っていたようです。
海外から輸入した絶版の写真集や雑誌、貴重な歴史書や浮世絵の写しなど、
プレミアがつくような品が山のように積まれていました。
気軽に雑誌を手に取った私も、値札を見てビックリしてしまうようなものがありました。

神田古本まつり、浮世絵の専門書店

神保町の古本街には、歴史書・地図・絵画・写真・料理本・音楽などの書籍を取り扱う専門店がそれぞれ存在します。どのお店も、貴重な書籍を在庫に持っているようでした。

 

こちらは『神田カレーグランプリ』、今年で4回目の比較的新しいお祭りです。
こちらの方が、若い方が多いようでした。

神田カレーグランプリ2014

約25店ほどの参加店の中から、グランプリを投票で決めるこの大会。
それぞれのお店では500~700円ぐらいでハーフサイズのカレーを販売しています。

お店ではカレーと一緒に投票券を注文数分配っており、最後にお気に入りのお店の投票箱に投票券を入れるシステムとなっていました。

私が注文したカレーは2つ。
(ほかで昼食をとってしまったので、これが限界でした…)

昔懐かしい、喫茶店の味、『喫茶プペ』のカレーライスと、

喫茶プペ、のカレー

インドカレーです。

神田カレーグランプリ、インドカレー神田カレーグランプリ、イートスペース

イートスペースは大変な混雑。
なかなか座席が取れず、立ったまま食べている方もいました。

神田神保町は古書店だけでなく、カレー店、喫茶店、レコード(CD)店、楽器店などの専門店がまとまって営業をしている、大変面白い街です。

皆様も一度、足を運んでみてはいかがでしょうか?