水道橋より御茶ノ水方面の景色

こんにちは、masaです。

ちょっと通りがかった際に、
「そういえば」と思って撮った写真です。
神田川の風景(水道橋駅より)

JR水道橋駅を出てすぐ、神田川よりお茶の水方面の景色です。

この川は江戸城のお濠であり、それ以前はこの写真の奥の方は
なだらかな山となっており、「神田山」と呼ばれていたそうです。

江戸時代に切り開かれ、その土砂で江戸城の東南の海、
現在の銀座や新橋、汐留あたりの入り江を埋め立て、大名屋敷の
用地としたとされています。
当時の技術の高さと、そしてそれを可能にした江戸幕府の権力の
偉大さに、改めて驚かされます。

話は戻りますが、ここに来て私が「そういえば」と思ったのは、
この川のほとりの風景が、ドラマ「JIN-仁-」に使われていたから
なのです。

ドラマのオープニングには、
上の写真のような川のほとりに緑が茂った現在の風景と、
江戸時代の同じ場所の写真が使われています。
現代の風景にはお茶の水駅あたりの風景と、近くにある
順天堂大学病院が出ていました。

人工的な河川とはいえ、
江戸時代から名所として人気のあったスポットだったようです。
現在でも「水の街」を思わせるような美しい風景が見られます。
ミーツポート、東京ドームシティ

ちなみに、水道橋側の景色はこのようになっています。
こちらは東京ドームシティにアトラクション、随分近代的な
風景となっています。
ある意味、非常に歴史を感じさせる場所なのかな、
と思いました。

そろそろ野球のペナントレースも大詰め。
クライマックスシリーズになると、この交差点は巨人ファンで
埋め尽くされることでしょう。
以下、本日の紹介スポットの地図です。


より大きな地図で 水道橋よりお茶の水方面の景色 を表示